積水ハウスVSミサワホーム!家を買った時の話@その1

セキスイとミサワどっちにしようかな

2019年の4月に家を購入しました。

買うまでにかなりかなりいろいろあったので記事にしようと思います。
何が1番大きかったかと言うとハウスメーカー選択問題です。
うちはミサワホームか積水ハウスの2択で最終決戦をしました。
その最終決戦がなんと2ヶ月ぐらい続きました。

どっちかがちょっと頑張ってきたら

「あっちはこんな頑張ってくれたけどー??」

って言ってさらに頑張らせ、最終的には

「もう無理です、これで買ってもらえないならもうしょうがないです・・・」

と営業さんとその上司さん(部長)に言われるところまでやりました。笑


今回は家を買おうと思ったところから実際に家に住みだしたところまでをつらつらと行こうと思います。

嫁ちゃんの謀略

嫁「今度の日曜日みんなでちょっと大きめの施設に遊びに行こうよ」

筆者「おっええやんけ!!」

嫁「ママ友のkさんご家族と一緒ね!」

筆者「おkおk」

遊園地とか公園的なところを想像していた筆者。

到着したのは積水ハウスの「夢工場」

夢工場とは、積水ハウスの家の構造や技術をアピールする、 積水ハウスの 積水ハウスによるお客様のための施設です。基礎の断面モデルがあったり、シーカスはすごいんだぞ!というのが実際に猛烈に揺らされて体に教え込んでくれます。興味のある方はぜひ!!

当時は家族4人でアパート暮らしをしていたのですが子供も大きくなり今のアパートでは将来的に手狭になる事は分かっていたので住処を変えよう、探そうという話が夫婦間で挙がってしばらくしてのことでした。

謀ったな嫁ちゃん!!

筆者は正直なところ持家にあまり興味はなく、また少し大きめのアパートを探そうと思っていました。
しかし、嫁子供は完全に持家派でした。
愛する嫁ちゃんにとってはマイホームは夢の1つだそうで、ならばと、筆者もローン地獄に浸かる腹を決めたのでした。

まぁ、アパートの時は子供が少し騒ぐだけで「静かにしろ!」って叱ってましたし、、、今は家じゅうを騒がしく走り回ってボールを投げたりと、のびのび育ってます。

最初のアクション

とは言え家を買うなんて初めてです。何をしていいのかわかりません。
とりあえず近くの住宅展示場に行ってみようということになりました。そこには積水ハウス、ミサワホーム、セキスイハイム、一條工務店、などのメーカーの展示住宅がありました。

とりあえず全て見て回るつもりでしたが、一條工務店の客引きのお姉さんの持つトミカに、子供たちが盛大に釣られたので、まずは一條工務店さんにお邪魔しました。

一條工務店にて

入ると、お姉さんから若い営業のお兄さんにバトンタッチ。お兄さんはとても物腰が柔らかい感じで(悪く言えば押しが弱かった、すごく、、、弱かった、、、)丁寧に一條さんの良いところを教えてくれました。その時に聞いた密性の高さは、今でも魅力を感じています。営業のお兄さんの押しが強ければ、ミサワホームVS積水ハウスの構図に割って入り、三つ巴になっていたことも十分に考えられます。

積水ハウスにて

次に積水ハウスのモデルルームに入ったのですが実はあまり記憶がありません。みなさん何か漠然と積水ハウスのイメージって良くないですか?筆者もその1人です。直前の一條工務店で習った機密性の話をドヤ顔でしたところ、家にそんなに高い機密性はいらないんじゃないかと真っ向から異論を唱えられました。当然薄っぺらな知識の筆者は力説されるとそんなもんなのかなと流されてしまいました。

ミサワホームにて

次にミサワホームに行ったのですがこの営業さんが非常に押しが強い!!要点のまとまらないこちらの話も辛抱強く聞いてくれて、、、そしてミサワを愛していることが非常に伝わる!筆者的には営業さんだけで行くと完全にミサワホームに軍配が上がりました。
さらにミサワホームといえば「蔵のある家」です。筆者と兄弟はこの蔵の秘密基地感に心奪われ男3人で大興奮です。モデルルールでおにごっことかしちゃう始末でした。

蔵があることにより1.5階とかいう謎の面白空間も少年の心を忘れない筆者の心を鷲掴みにしました。

それぞれのメーカーの営業さんからまた連絡をもらうということにして展示場をあとにします。

その後その他ハウスメーカーにて

他にもいろいろ日を改めて行ったはずなのですがほとんど覚えておりません笑

土地探し

最初に連絡があったのは積水ハウスさんでした。というのもこの積水ハウスの営業さんは嫁ちゃんのママ友からの紹介で、嵌められて連行された夢工場で既にお会いしているため、スタートラインから他社より既に数歩リードしている状況でした。そのリードを活かし、まず土地を見に行きましょうと言う提案をしてくれました。

筆者一家の希望の地域にもそこそこの数の物件があり、1つずつ見て回ったのですが、その中でぴんとくる土地がなんと1つもありませんでした。

ミサワホームさんもその後土地探しに連れて行ってくれましたが、残念ながらいいと思える土地がありませんでした。ただ、土地探しの道中、例の営業さんが真摯に質問に答えてくれたり、言動一つ一つに筆者一家への気配りがあったりと、非常に好感が持てました。この時点で、筆者はミサワホームと言うよりもこの営業さんのファンになっていたのだと思います。

そして一條工務店。連絡なし。家の性能的にはかなり興味を持っていたのに残念。今回は巡り合わせが悪いのかなぁと思いこちらも放置しました。

嫁ちゃん、土地を見つける

嫁ちゃんのモチベはMAXです。なにやらいろいろと頑張って、自力で土地を見つけてきました。

70坪くらいの広めの土地です。海から500メートルくらい離れている塩害が心配なような大丈夫なような土地です。

結局この嫁ちゃんが見つけた土地に決めたのですが、 この土地契約が積水とミサワの長い戦いの始まりとなりました。

続く

ちょっと思ったより長くなりそうなので続きはまた書こうと思います!

眠いのでね!

ヒッシャ、ムリシナイ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました